未来的すぎて失敗した新手法 「WiLL」をトヨタが復活

印刷

   WiLLプロジェクトで果たせなかった夢よ、再び――。トヨタ自動車は、1999年夏から展開された異業種による合同プロジェクト「WiLL」でかつて展開した商品を復活、改めて展開を始めた。商品といっても、クルマそのものではなく、今回はクルマを売るための金融商品や手法である。

走行距離に連動して保険料支払額が変化する新手法

   WiLLプロジェクトにはトヨタのほか、花王アサヒビール松下電器産業近畿日本ツーリストの4社が参画し、その後、江崎グリココクヨも参入した。商品の全てが「WiLL」のブランド名を冠し、オレンジ色のロゴで統一されていた。しかし、プロジェクトそのものは2004年夏に公式展開が終了している。

   トヨタも「WiLL VS」「同Vi」「同サイファ」といった3つのモデルを開発・販売していた。これらのモデルは斬新なデザインと商品コンセプト、先進機能で一部には好評だったものの、合同プロジェクトとしての大きな成果が得られず、現在では、いずれのモデルも販売が中止されている。

   トヨタは、こうしたWiLLブランド商品の展開に合わせて、車販売にかかわるプロジェクト専用の金融商品も展開していた。ただ、金融商品としてのコンセプトが斬新すぎたり、大きな損失を抱えてしまったなどの理由で、その後、静かに展開が終了していた。

   ここにきて、まず復活したのが自動車保険の支払い方法に関する新しい手法だ。走行距離に連動して保険料の支払額が月次で変化する新タイプの自動車保険で、トヨタではこれを「ペイド」の名称で展開している。商品の概要はこうだ。トヨタのテレマティクスサービス「G-BOOKmXプロ」に加入し、対応した車載機を搭載したユーザーを対象とする。ペイドでは、G‐BOOKの通信機器により自動的にユーザーの月間走行距離を把握、これを基本データとして活用する。保険料は走行距離に関わらず毎月支払う「基本保険料」と毎月の走行距離(1km単位)に応じて支払う「走行分保険料」で構成する。

   G-BOOK(ジーブック)とは、トヨタ自動車が提供するテレマティクスサービス。携帯電話やパソコン、車載機などからコンテンツが利用できる。

WiLLで展開した新型ローン・クレジットも復活

   トヨタの試算によると、ペイドを使った場合、毎月200kmを走行する人のケースでは、毎月700kmを走行する人と比べ、年間の適用保険料は15%程度安くなるという。特にG-BOOKを使った月次のリアルタイム計算で、こうしたメリットが大きくなる可能性もあるとされる。

   WiLLプロジェクト展開当時は、G-BOOKなどテレマティクスサービスが普及しておらず、また、リアルタイムで正確な走行距離を把握することが困難だったことに加え、自動車保険料の支払いが年1回の一括払いが主流の日本では、認知度も利用もイマイチどころか、惨憺たる状況だった。しかし、G-BOOKの技術が急速に進化した今、利用環境も整ったこともあり、再び、メリットを見い出すユーザーを対象に商品として販売を再開することとした。他方では、G-BOOKの普及と利用を促す狙いもある。

   もう1つ、トヨタが検討しているのが、走行距離に応じて月次の支払額が上下するタイプの新型ローン/クレジットの復活だ。これも、WiLLプロジェクトの中で展開していたもの。しかし、プロジェクト当時は上記の自動車保険商品と同様の理由で正確な走行距離の把握が難しく、また、中古車としての再販売価格の見込み違いといった理由もあり、「トヨタは大損したようだ」(関係者)という評価になっている。

   しかし、これまた同じ理由で走行距離の正確な把握が可能になった。また、今、トヨタを始めとする自動車メーカー各社が新車販売活性化の起爆剤として展開に力を入れている「残価設定型ローン/クレジット」に関連したノウハウの蓄積により、3年後や5年後における中古車としての残存価格の正確な把握が可能になったため、この新タイプのローン/クレジットを展開する土壌も整いつつある。

   走行距離に応じて料金を支払う。何やらレンタカーのような商品にも見えるが、クルマに対する価値観やカーライフそのものが変化していく過程の中で、未来的に過ぎて失敗した商品が今、復活を遂げようとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中