「AneCan」専属モデル堀内葉子 突然、海外で「パッション探し」

印刷

   「AneCan」(小学館)専属モデルとして活躍する堀内葉子さんが、2008年3月17日のブログ「Inside」のなかで単身海外に渡ることを明らかにした。

「突然の告白ですが、海外に単身で行くことにしました。すべてが、ゼロからのスタートになりますが、いろいろ人生経験をして、新たな希望、パッション探しの冒険に出ます」

   また、行き先や期間については、

「正直、海外にずっといるのか、数年なのか、今後どうなっていくのか今のところ分かりません。また日本になるのかもしれません、、。ただ言える事は、自分が求めているものがあって、自分が自分らしくいれるところに留まってみようと思っています」

と言及していない。

「東京ガールズコレクション」にも出演

   堀内さんは2004年1月に「CanCam」(小学館)でデビューし、2007年3月から「AneCan」と専属契約を結んでいる。契約はまだ切れていない。また近年では、日本最大規模のファッションショー「東京ガールズコレクション」にも出演している。デビュー5年目という節目を前に、モデルとしてのキャリアを振り返り、将来について考えたいということなのだろうか。

   ブログの最後には、こう記されている。

「今、私の船は動き出して、どこか目指して突き進んでいます。
果てのない広い海、予測不可能な天候・・・でも、自分で舵を取っていることに胸が弾んでいます。応援してくれた、たくさんの方達に感謝の気持ちでいっぱいです。伝えたいこと、色んな気持ちがあって上手に言えませんが、何かの形でまた皆さんに会えたらと思っています。本当にありがとう!」

   堀内さんが所属する事務所パールの関係者は、「プライベートなことなので、詳しくは話せない。特にコメントすることはない」と話している。また、「AneCan」編集部は、「モデル個人について話せることはない」といっている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中