日銀の内部資料が「2ちゃんねる」に流出

印刷

   日本銀行は2008年3月22日、日本銀行松江支店内部の職務資料がインターネット上に流出したと発表した。日銀によれば、支店職員が上司の了解を得ずに資料を自宅に持ち帰り、自宅の私物パソコンで作業をしていたところ情報が流出したという。
   流出したのは、金融機関の決算、国庫国債事務について調査分析した資料などで、ネット上の巨大掲示板「2ちゃんねる」に掲載されていた。3月21日に匿名の連絡があり発覚。同店は削除依頼を行ったほか、情報が掲載されていた金融機関に謝罪した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中