キンコン西野 「小説書きませんか」と打診されていた!

印刷

   2ちゃんねらーへの過激な発言でネット上の話題をさらっている お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣さんが2008年3月26日に更新したブログで、「小説を書きませんか」と打診されていたことを明かしている。

   西野さんは「やんわりと話を受け流してしまっている」という。現在絵本の執筆に取り組んでいること、小説に対する熱がないことや書ける自信がないことが理由だ。

   だが、中には熱心に執筆を勧める人がいて、

「じゃあ、何年後でもいいから小説を書く気になった時は絶対にウチに言ってね、ウチで出させてね」

   しかも、「他所で出したら自殺するからね」とプレッシャーもかけられているようだ。これについては「もう、あまりにもバカな言葉」と振り返る。

「長年、本の仕事をしてきた人とは思えない簡単な言葉に僕は笑ってしまって、そして胸を打ち抜かれたのです」

   彼の会社でいずれ小説を出したい、と思っているようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中