美人アナ津島亜由子 悩ましげなポーズのワケ

印刷

   セント・フォースに所属するアナウンサー津島亜由子さんが2008年4月8日に更新したブログで、人間ドッグに行ってきたことを報告している。

   検査を受ける前は余裕ぶっていた津島アナだったが、検査終了後は「甘くないよ。人間ドック」と悲壮感ただよう記述に。「筋肉注射」の痛みや「薬の作用」でめまいに悩まされたという。さらに、追い討ちをかけたものが「バリウム後の下剤」だ。

「モガモガもがいてました」
「検査中より検査後のほうが苦しいもんなのね。。。」

   寝そべったベッドの上であらぬ方向を見つめ、悩ましげなポーズをとった写真も掲載されている。

   津島アナは、BSフジの「競馬大王」やテレビ朝日「やじうまワイド」で司会を担当。現在はTBS系情報番組「サンデーモーニング」のアシスタントを務めている美人アナウンサーだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中