美人アナ津島亜由子 悩ましげなポーズのワケ

印刷

   セント・フォースに所属するアナウンサー津島亜由子さんが2008年4月8日に更新したブログで、人間ドッグに行ってきたことを報告している。

   検査を受ける前は余裕ぶっていた津島アナだったが、検査終了後は「甘くないよ。人間ドック」と悲壮感ただよう記述に。「筋肉注射」の痛みや「薬の作用」でめまいに悩まされたという。さらに、追い討ちをかけたものが「バリウム後の下剤」だ。

「モガモガもがいてました」
「検査中より検査後のほうが苦しいもんなのね。。。」

   寝そべったベッドの上であらぬ方向を見つめ、悩ましげなポーズをとった写真も掲載されている。

   津島アナは、BSフジの「競馬大王」やテレビ朝日「やじうまワイド」で司会を担当。現在はTBS系情報番組「サンデーモーニング」のアシスタントを務めている美人アナウンサーだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中