ふかわりょう  恋人との想い出の地の「アースデイ愛知2008」にDJ参加

印刷

   お笑いタレントのふかわりょうさんは2008年4月13日に更新したブログで、同月19日に名古屋市で開かれる環境イベント「アースデイ愛知2008」に、DJとして参加すると発表した。開催場所となる名古屋市中区の久屋大通公園は、10年前、当時遠距離恋愛をしていた恋人とデートをした想い出の地。ブログにはそのときの切ない想いがあふれた。

「いまでも仕事で名古屋を訪れることはありますが、時折彼女が頭をかすめます。ただ、いま思い出せることは、とにかく大きなういろうを作ってきてくれたこと。冬にマフラーを編んできてくれたこと。あとはスピッツをよく聴いていたということくらい」

   「ういろう」は、ふかわさんの大好物。彼女手作りの「ういろう」を公園でもらうシーンを、当時の会話を交えて書いている。

彼女「そうだ、今日ね、渡したいものがあるの」
しばらく話をしたあと、彼女は思い出したかのように言いました。
ふかわ「渡したいもの?」
彼女「うん…」
そう言って、彼女は鞄の中をごそごそやると、中から大きな包みを取り出しました。
彼女「好きって言ってたから、作ってきたの」

   その後、何度か会ったあと連絡が途絶え、別れたという。

「彼女がいまどこでなにをしているのかもわからないし、知るすべもありません。あれから十数年。あのとき二人で話した公園でDJをするのは、ちょっとだけ胸がキュンとするのです」

と、しんみり締めくくった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中