硫化水素の自殺報道で自殺予防学会が配慮呼び掛け

印刷

   医師や臨床心理士などでつくる日本自殺予防学会は2008年4月18日、有毒な硫化水素を発生させる自殺を誘発しないよう報道に配慮を求める緊急アピールを出した。家庭用洗剤などを使って硫化水素を発生させる自殺が相次いでいることから。硫化水素による自殺は、08年に入ってネットなどを通じて広まり、家族や近所の人が巻き添えになるケースも出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中