「残りもの」博多店でも使い回し 船場吉兆

印刷

   高級料亭「船場吉兆」(本店・大阪市)が、客が残した料理を他の客に出していた問題で、同社は2008年5月7日、博多店(福岡市)でも同様の使い回しがあったことを明らかにした。使い回しがあったのは、わさびや刺身など。1999年のオープン当時から使い回しが行われていた可能性があるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中