「オリラジ」藤森、油シミ色紙にサイン迫られる

印刷

   お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんは仕事で大阪に行き、いろんな意味で「やっぱ大阪すげぇ~」と感心したようだ。2008年5月13日 に更新したブログに書いている。

「やっぱ大阪いいですねぇ。
テキトーに入ったお好み焼き屋さん。味はうまいし店員さん陽気だし」

と、長野県出身の藤森さんは満足だった。

   帰り際に店員からサインを頼まれた。

   差し出された色紙を見て、

「色紙汚っ!厨房から持ってきたのか油のシミがいっぱい」

と、衝撃を受けた。

「水玉模様の色紙かっ!っていうぐらいに…」

   サインはしたが、ブチブチ文句は続く。

   ところが、もっと悲惨な芸能人のサインを発見した。

「目についたのはおもっきし醤油まみれの色紙。
色紙にはネゴ●ックスというサイン。
●の部分は醤油のシミ。ネゴさん醤油で名前隠されてる」

   それを見て、

「さっきまでの自分を反省。油ぐらいでネチネチ言うな!
醤油で名前にピー入ってる人もいるんだ!」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中