つるの剛士 気になる悩み事とは

印刷

   アイドルユニット羞恥心のリーダーつるの剛士さんがブログで、ある悩みごとをぼやいている。2008年5月16日の更新だ。

   この日、4本のラジオ収録があった つるのさん。とり終えた時点ではすでに声はガラガラだったそうだ。しかし、「ラジオは本当に楽しいなあ~。思ってることを空気やトーンで伝えられるから」と満足そうだ。一方で、活字は難しいのだという。こんな風に綴っている。

「それに比べ活字ってほんとムズいね。
あることないこと書いて楽しんでる可哀想な人もいるしね。
たぶんそういう人ってなんも楽しいことないんだろうね。
ほんと可哀想って思っちゃいます。
生きてる世界がボキとは違うから知らんけど」

   「活字」が何を指すかは、この文脈からははっきりしない。ただ、以前週刊誌の報道で、羞恥心メンバーが「内輪もめしている」との記事があった。人気ゆえにクローズアップされることも増えているようだ。もしかしたら、そういったことを、ひどく気にしているのかもしれない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中