眞鍋かをり 超「小心者」エピソード

印刷

   タレントの眞鍋かをりさんが2008年5月23日のブログで、洋服を品定めしていたときに起きた、ある「小心者」エピソードを披露している。

   最近になってサングラスを着用しはじめ、愛用しているという眞鍋さん。東京・青山でワンピースを選ぶのに夢中になっていたときに、ことは起きた。

   ワンピースの色味をみるためにサングラスを脇に置いたところ、別のお客さんが眞鍋さんのサングラスを試着しはじめてしまったのだ。しかも、熱心に買おうかか買わないか悩んでいる様子で、何となく「…それ…私の…」とも言いにくい。

「私がモジモジしていると、そのお客さんが急にこちらを振り返った!!
…気付いた!?気付いてくれた!?
…しかし、なんとお客さんは私の横をスルーしてレジに直行!!!
わ、私のグラサン!!!(((゜д゜;)))
買わないでくれ…っていうか店の人むしろ売らないで…」

   結局、店員さんが扱っている商品ではないと説明し、もと置いた場所に無事返されたそうだ。だが、眞鍋さんは終始「ワンピースに夢中なフリ」で通したという。

「私は小心者です。
知らない人と口をきくのが極度に苦手ないわゆる人見知りです。
ハッキリものを言える大人になりたいなあ~」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中