オリラジ中田 「人に笑ってもらうって幸せだな」

印刷

   お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さんは、一日に5舞台を経験し、芸人として一歩前進したようだ。2008年5月26日のブログにこう書いている。

「浅草、新宿、浅草、新宿、浅草。 一日に5舞台、漫才をやるとさすがに『漫才やったな…今日』という気分になる」
「浅草花月」では、年配のお客が多かったという。 「そういう方に笑ってもらえるとなんだかほっとします」

   そのことをお笑いの「博多華丸・大吉」の大吉さんに言うと、大吉さんは、

「なんでやろね。多分、親孝行しとる気分になるからかな」

   すると中田さんは、

「確かにそうかもしれない…。その意見を聞いて、なんだか暖かいものに包まれた気がした」
「『ネタとは、自分とは…』みたいなことをムウムウ考えるのも大事だけど、『人に笑ってもらうって幸せだな』という非常に根本的なことを確認したような気がしました」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中