KONISHIKI「減量手術」で大喜び 「20年ぶりにお店で服が買えた」

印刷

   巨体で有名な元大関のタレント、KONISHIKIさん(44)が、大幅な減量に成功した模様だ。ブログでは、「20年ぶりに(特注ではなく)お店で服が買えた」と綴るなど、大喜びの様子だ。成功の理由は「減量手術」にあるというのだが、一体どんな手術なのか。

KONISHKIの内臓脂肪はゼロ

日々のウェブ日記で減量を喜んでいる
日々のウェブ日記で減量を喜んでいる

   「相撲史上最も体重が重い力士」として知られるKONISHKIさんが1982年に来日・入門したときは、175キロだった。ところが、番付が上がるのと連動するかのように体重は増え続け、280キロを突破。引退後も体重が減ることはなく、300キロ台に突入した。力士時代から、「体重が原因で膝が悪くなる→運動不足になる→さらに体重が増える」という悪循環を繰り返していたといい、健康上も体重が悪影響を与えていたとされる。

   そんなKONISHIKIさんが、抜本的な対策として、「減量手術」に踏み切ったというのだ。3月3日付けのウェブ日記で、2月25日に手術を受けたことを明らかにしている。日記では

「手術はとてもスムーズに行ってドクターもびっくりしていたくらいでした!術後の経過もとても良く、今の所は順調です!!」

とご機嫌な様子だ。

   手術を受けた経緯を聞くため所属事務所に取材を試みたが、「担当者が出張に出ていた対応できない」とのことで、詳しい話を聞くことはできなかった。だが、所属事務所社長が週刊朝日に対して語ったところによると、

「長年スポーツをやってきたおかげで、内臓脂肪はゼロ。通常なら3、4時間かかる手術が1時間40分で終わりました」

とのことで、やはり、手術はスムーズに行われたようだ。

胃の上部を切断して小腸に接続する

   KONISHIKIさんが地元ハワイの病院で受けたのは、「ガストリックバイパス手術」と呼ばれる手術。肥満によって健康への深刻なリスクが懸念される場合に行われることが多く、胃の上部を切断して小腸に接続する。手術は腹腔鏡を使用することが多く、医師には高い技量が要求される。胃のサイズが小さくなるため、少量の食事でも満腹感を得られ、食欲を減らせるという効果がある。

   実際、手術後にKONISHIKIさんが更新した日記には、減量を喜ぶ記述が多く並んでいる。

   例えば3月24日には、

「僕のお腹の傷はこんな風に絆創膏で隠れてしまうほどなんだよ。ちょっと前の写真だから、それよりも良くなっていると想像してみて!」

と、手術後の腹部の写真を公開し回復の早さを喜んでいる。1.5~3センチ四方の絆創膏が7ヶ所確認できる。

   4月1日には、

「久々にシェービングしました!!自分で鏡を見て顔があまりにもスッキリしていてビックリしちゃったよ====!!!」

と、自らの顔の輪郭の変化に驚く一方、洋服のサイズが変化したことについても、相次いで言及している。

「LOOK!!ズボンがこんなにダブダブになっちゃった===!!これからまだまだ痩せるから今までの洋服が着れなくなっちゃうよ!!」(4月4日))
「実は20年ぶりにお店で洋服を買えたんだ!!!今まではず~~~っと特注で作ってもらっていたんだけど、ハワイにある大きい人用のお店でやっとサイズが合う物が見つかったんだ!!」(5月12日)

08年5月30日にサンケイスポーツが報じたところによると、手術以来約3か月で、実に70キロの減量に成功し、現在の体重は230キロ。前出の「週刊朝日」によると、目標体重は130キロだという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中