千葉銀行、全ATMをIC・生体認証対応に

印刷

   千葉銀行は、同行のATM(現金自動預払機)1213台すべてをIC・生体認証の両方に対応するものに切り替え、2008年6月4日から運用を始めた。
   自行のATMすべてがIC・生体認証の両方に対応するものになるのは、ATMを1000台以上有する銀行としては、全国で初めてという。同行は「IC化、生体認証化を進めても使えるATMがなければ、利用者の安全性を高めたとは言えない」として、ATMのIC・生体認証の導入を図ってきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中