キンコン西野 ライブでの持ち時間減らされる

印刷

   「ブログが炎上おもしろい」発言でネット上を沸かせている、お笑いコンビキングコングの西野亮廣さんが2008年6月20日のブログで、お笑いライブの持ち時間を減らされてしまったと明かしている。

   「ルミネTHEよしもと」でのお笑いライブの持ち時間は、通常10分という。だが、この日のキングコングの持ち時間は5分。しかも後輩芸人のハリセンボンが10分のネタを披露した後の登場だ。「我々はその最後、大トリでまさかの5分です。パラレルワールドだぜ」。

   ただ、こういった事態になってしまった原因について「明確な心当たりがある」と西野さん。「それはね・・・先週、漫才中にブチ切れちゃったからだよ。間違いなくソレだよ」。

「出番中に団体客を入れられてもキレちゃダメだ。理由は持ち時間を減らされるからである。うぎゃあぁぁ~!こりゃ笑い事じゃねぇぜ」

   とはいうものの、この真相は藪の中だ。一応は手違いだった、という説明を受けたという。ハリセンボンの場合はコントだから時間調整が難しいためだ。だが、西野さんが苦言したところ、「支配人が飛んできて丁寧に謝ってくださった」とも綴っている。

   ちなみに、ラジオ番組に出演したときにも、舞台の持ち時間を減らされたことが話題に。同席した光浦靖子さんには、「人力舎においで」と誘われたそうだ。光浦さんの所属する芸能事務所、人力舎では「30分でも平気でネタをさせてくれる」ということらしい。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中