漁船、一斉休漁決める 燃油高騰に抗議

印刷

   日本の漁船が2008年7月15日、一斉に休漁する。全国漁業協同組合連合会が燃油価格の高騰に抗議して決めたもので、東京・日比谷の野外音楽堂では3000人が抗議集会も開く。

   同連合会などの話では、燃油代は5年前の約3倍に膨れ上がり、操業コストに占める燃油代は現在では30~40%に達している。セリ取引が主体のため、コストの上昇分を価格に転嫁しにくく、漁業者は燃油高の打撃を直接受けている。漁船の減速航行やイカ釣りでは光力を落とすといった省エネ策などに努めてきたが、すでに限界を超えており「このままでは赤字がかさみ、休漁せざるを得ない」「廃業に追い込まれる」などといった声が全国から上がっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中