Perfume 東方神起と曲似る? プロデューサー側は否定

印刷

   「Perfume」の大ヒット中の新曲が、韓国の「東方神起」の曲と構成やメロディーが似ていることが話題になっている。プロデューサー側などでは、「参考にしたことは、一切ありません」としている。

「あぁ確かに似てるね」

   女性3人組テクノポップユニットPerfumeのこの新曲は、「love the world」。2008年7月9日にシングルを発売するや、たちまち大ヒットとなり、オリコン14日発表のシングルチャートで1位になった。テクノポップでは史上初で、あのYMOですら成し遂げなかったことだ。

   ところが、この曲は間もなく、別の面でもクローズアップされた。韓国の男性5人組歌手グループ「東方神起」が2004年に発表した曲「Drive」にそっくりだというのだ。実際に聴き比べてみると、イントロからの構成やサビのメロディーまで、確かに似ている部分は多い。曲調がシンプルなのも、そのような印象を持たせる一因になっているようだ。

   ネット上でも、ニュースサイトや2ちゃんねるで、「あぁ確かに似てるね」「似てる印象は受けるが、パクリとは思えんわ……」などと論議になっている。

   Perfume新曲の作曲などを手掛けたのが、サウンドプロデューサーの中田ヤスタカさん(28)。中田さんの所属事務所ヤマハミュージックアーティストのマネージャーは、J-CASTニュースの取材に対し、

「『メロディーが似ている』というネット上の書き込みは、拝見しています。しかし、Driveの曲が出る前に、すでに中田の中にあった音楽です。中田があちらの音楽を聴いているフシもまったくありません」

と言っている。

東方神起側「コメントすることはございません」

   そのうえで、似ているという見方に対し、次のように説明する。

「やはり中田の分かりやすく覚えやすいメロディーがあるのではないかと思います。それだけ、聴いていただいているということで、中田は逆にポジティブに捉えています」

   東方神起側からは特に反応はなく、トラブルも起きていないという。ファンらからメールや電話などもまったくないとしている。

   レコード会社の徳間ジャパンコミュニケーションズの宣伝部でも、参考にしたことを強く否定する。

「似ているように聴こえるのは、たまたまです。先方やファンから特に反応はなく、このまま販売を続けます」

   Perfume所属事務所アミューズのマネジメント担当者は、J-CASTニュースに、「東方神起の曲自体が分かりません。ネット上の書き込みは、全然見ていないので、似ているというのは初耳ですね」と話している。

   一方、東方神起が所属しているエイベックス・エンタテインメントのプロモーション部では、取材に対し、「恐れ入りますが、今回の件に関してコメントすることはございません」と回答している。

   なお、2ちゃんねるでは、東方神起の「Drive」が日本の女性歌手コンビ「パフィー」が1996年に発売した大ヒット曲「これが私の生きる道」と、サビのメロディーに似ている部分があるとの指摘が出ている。確かに、聴いてみるとそれを否定できないが、エイベックスでは、この件についてもコメントすることはないとしている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中