北島「金」に坂井真紀 「あー、こんな風に泳げたら・・」

印刷

   北京オリンピックで2008年8月11日、競泳男子100メートル平泳ぎの決勝が行われ、北島康介選手が世界新記録を樹立して金メダルを取った。同じスイミングスクールに通っていたという女優の坂井真紀さんは、感激ぶりをブログに書いている。

「北島選手っ!!!!!
100メートル!!!!
金!!!!!!!
しかも、世界新記録!!!」

   坂井さんも泳ぐことが大好きで、世界レベルの泳ぎを見ると、「あー、こんな風に泳げたら・・」と、「バカみたいに(笑)憧れの溜め息をつきます」。北島選手と同じスイミングスクールに通っていたことがあり、北島さんを指導しているコーチの平井伯昌さんのこともよく覚えているそうだ。そんなこともあって、「特別に特別に」応援している。

「いや、そんなことなくても、北島選手の泳ぎに、涙してしまう。
うれしいなー(涙)。
かっこいいなっ、北島選手(涙)。
200メートルも頑張ってください!!!!!」

   北島選手は2大会連続の金メダルをかけて、8月12日から行われる200メートルに臨む(決勝は14日)。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中