スザンヌ 「歌うことは苦手だった」

印刷

   女性アイドルグループPaboで活動中のスザンヌさんが2008年8月18日のブログで、新曲のレコーディングに挑んだと報告している。

   「超いい歌だから早くみんなにも聞いてほしいな(o^o^o)」。レコーディングが順調に進んだのだろう、スザンヌさんの機嫌もよい。だが、歌うことについて、「カラオケは大好きなんだけど、カラオケ以外で歌を歌うことは前は苦手だった」と明かす。

   もっとも、いまでは歌うことを楽しめるようになったと自信を覗かせる。こんな風にうれしそうに綴っているのだ。

「今も緊張するし、お腹も痛くなる時もあるけど、みんなの前で歌ったり踊ったりできるのはとっても幸せだから、もっともっと音楽に詳しくなりたいなぁ☆」

   さらに、次はギターにも挑戦したいと意気込んでいる。適当に受けてしまった高校時代のギターの授業を、きちんとしておけばよかったと、後悔しているほどだ。「でも後悔してもしょうがないから、今から習いたいなぁーって思ってます!!」

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中