仲間内で何かあったのか 「羞恥心」野久保「既に心が折れてます」

印刷

   「羞恥心」の野久保直樹さんは2008年8月24日のブログで「既に心が折れてます」と、胸のうちを語っている。いったい何があったのか、ファンの心配は募る一方だ。

「心が折れそうです…
言いたい事が山ほどあるのに、何一つ言っても解決しない事ばかり。
…まったく!」

   何があったのかは、一切ふれていない。さらに意味深な言葉は続く。

「1番近くの味方が味方じゃない気がして、僕は一人で戦場にむかっている」

   仲間内で何かあったのだろうかと、思わせる文面だ。さらに、痛々しい文言は続く。「この状況…厳しいです…既に心が折れてます」

   前日のブログには、お台場冒険王で行われたヘキサゴンファミリーライブのことを書いていて、特に変わった様子はない。突然のことにファンも心配のようだ。コメント欄には、通常の2倍以上の6700件も書き込まれている。次のブログが更新されるまでは、「のっくん大丈夫?」「どーしたの??」「大丈夫? 心配です」といったコメントが、止むことはなさそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中