品川庄司「いいとも」卒業 「ゲストで呼んでくれるかなっ?」

印刷

   お笑いコンビ・品川庄司が4年間レギュラー出演していた「笑っていいとも!」を卒業する――。品川祐さんは2008年9月25日、収録を終えた翌日に更新したブログで、出演者らへの感謝を綴っている。

「子供の頃から見ていた『笑っていいとも』にまさか自分がレギュラー出演するなんて思ってもいませんでした」

   司会者のタモリさんは気さくな人だった。普段からボケて緊張をほぐしてくれるらしく、初日からすんなり番組に馴染むことができたと、振り返っている。

   また、08年4月から出演中の千原ジュニアさんのことは、「おっかない先輩」と思い込んでいたと告白。が、番組内での優しいフリ、ツッコミには幾度となく助けられた、と感謝している。

   そんな中、「爆笑問題」の二人との出会いは一番嬉しいものだったに違いない。共演以来、二人が出演する番組に呼ばれることも増えたという。「事務所違うのにバーターかっ。っていうくらい呼んでくれました」。

「今日『いいとも』終わりで『お世話になりましたまたどこかで・・・』
と挨拶したら、『一時間後に検索ちゃんで会うだろ』とツッコんでました」

   品川庄司の二人は現在、テレビ朝日系バラエティ番組「検索ちゃん」で、レギュラー出演している。

   ちなみに、「4年間を締めくくる放送終了後のフリートーク」では、テレビでは放送されないであろう下ネタで、腹抱えての大笑いだったそうだ。

「ってことで、『笑っていいとも』4年間ありがとうございました。
今度はゲストで呼んでくれるかなっ?」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中