ユニクロが自主回収 ひざ掛けなどに金属片混入

印刷

   ユニクロは2008年9月29日、同社が08年7月末から販売していたフリース素材のひざ掛けなどに金属片の混入が確認されたとして、販売済みの商品約1万6000点を自主回収すると発表した。

   自主回収の対象となるのは、ユニクロ店舗やインターネット上で販売したひざ掛け「ボアフリースブランケット+バッグ」、室内用上履き「ボアフリースルームシューズ」の各商品。起毛ブラシの金属片の混入が17件確認された。該当商品を店舗に持ち込むか、同社に着払いで送れば、代金を返金する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中