留学仲介会社、破産申し立てへ 負債総額は12~13億円

印刷

   海外留学仲介会社の「ゲートウェイ21」(東京都新宿区)が、資金繰りの悪化で2008年9月26日から営業を停止していることがわかった。近く東京地裁に破産手続きの開始を申し立てる見通し。負債総額は12億円~13億円にのぼるとみられる。10月5日には、東京都内で返金などについての説明会が開かれる予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中