ノーベル賞の南部氏は「米国」の受賞者 文科省発表

印刷

   米シカゴ大名誉教授の南部陽一郎氏 (87)が2008年のノーベル物理学賞を受賞したことについて、文部科学省は2008年10月15日、南部氏が米国籍であることから、ノーベル賞受賞者数の国別集計では「米国」に入れると発表した。これにより、日本人のノーベル賞受賞者は合計で15人になった。南部氏は70年に米国籍を取得した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中