「ガッシュ!!」作者、小学館と和解 「悔しいこと」も2つ

印刷

   マンガ「金色(こんじき)のガッシュ!!」作者の雷句誠さんが小学館に損害賠償を求めた訴訟で、小学館が雷句さんに謝罪し255万円を支払うことで2008年11月11日に和解が成立した。これは、「週刊少年サンデー」で連載していた同マンガの原画5枚を小学館が紛失。雷句さんが提訴していた。同マンガは単行本全33巻の発行部数が計約2200万部の大ヒット作で、テレビアニメ化、映画化もされた。雷句さんは自身のブログ「雷句誠の今日このごろ。」の08年11月11日付で、

「画原稿紛失に対して謝罪し、カラー原稿5枚の紛失に対して255万円の和解金の支払いをする事に素直に喜ぼうと思います」

と和解について一応の理解を示した。しかし、悔しい事が2つあるとし、一つは「漫画原稿についての美術的価値に対する配慮を欠き」の一文が加えられなかったこと。もう一つは「共同提言」が成立できなかった、事だとしている。「共同提言」とは、「関係者が創作者個々人の創造性・オリジナリティに敬意を払い、これを尊重する風土を確立する」などの内容が含まれていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中