母親との関係が悪いと 子供の性体験年齢が下がる

印刷

   「母親を嫌っている」「朝食を食べなかった」など、母親との関係がうまくいっていない人ほど、性交渉年齢が低いことが厚生労働省科学研究班の調査でわかった。父親との関係ではこうした傾向が見られず、この調査を担当した北村邦夫医師は「子供に対する影響力は父親よりも母親の方が大きいのではないか」と話している。

初めて性交渉を持った年齢は平均19.0歳

   若い世代の望まない妊娠を減らすにはどうすればいいのかの、というテーマを研究するため行っている「第4回男女の生活と意識に関する調査」で、2008年9月1日現在満16~49歳の男女約1500人から回答を得た。それによると、初めて性交渉を持った年齢は平均19.0歳。「中学生が性交渉をするのはどうか」と聞いたところ、「自分の責任を取れる立場ではない」(62.5%)、「妊娠や病気が学業に影響を与える」(15.1%)で、8割近くが中学生の性体験に否定的だった。

   また、「中学生の時に家庭が楽しかったか」を聞いたところ、「楽しくなかった」人ほど性体験の年齢が低いことがわかった。母親については「生んでくれて、育ててくれて、感謝している」人の平均は19.1歳。「自分を守ってくれる」と思っていた人は19.7歳。「嫌い、うっとうしい」は16.0歳だった。父親については、こうした傾向があまり見られなかった。また、中学時代に「朝食を食べない」と、体験年齢が早くなることもわかった。「毎日食べた」は19.4歳。「だいたい食べた」18.3歳。「あまり食べなかった」18.1歳。「食べなかった」17.5歳だった。

「セックスに対し慎重になり、先送りできる環境を作れないか」

   調査をした医師の北村邦夫・日本家族計画協会クリニック所長はJ-CASTニュースに対し、

「低年齢層が責任を持てるまでセックスに対し慎重になり、先送りできる環境を作れないかという思いからこの調査を行ってきた。禁欲を求めているのではない」

と説明する。望まない妊娠を避けるため、避妊の方法をしっかりと周知させることとともに、家庭環境が重要であることが今回のアンケートではっきりした、と話し、特に母親のありかたが問われている、と強調している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中