「泣ける」と話題のソニー動画 娘の成長を「親」として体験

印刷

   四つん這いの赤ちゃんが、笛を吹く小学生になり、やがて恋をして…。こんな娘の成長過程の撮影を疑似体験できるソニー・ハンディカムの動画サイトが話題だ。「これはヤバい」「泣ける」と反響を呼ぶその凄さとは。

「親の琴線スイッチ押しまくり」

ソニー動画の1シーン
ソニー動画の1シーン
「どんだけすごいのかねえ・・・と思い見てみると、た、確かにこれはすごい!僕はまだ子どもがいませんが、これは間違いなく子どもを持つ親の琴線スイッチ押しまくりです」

   こう自らのブログに書き込んだのは、マーケティング会社経営の池田紀行さん。ソニーは2009年1月15日、ビデオカメラ「ハンディカム」の新機種を発表したのに合わせ、そのサイト「Cam with me」を開設した。サイトでは、娘の成長過程の撮影を疑似体験できる動画が見られるようになっており、マーケティング専門家から見ても中身が凄いというのだ。池田さんは、そのPR効果を「高橋名人のAボタン連打かケンシロウの北斗百裂拳くらいの威力だと思う」と表現する。

   このソニー動画は、ブログやコメントの書き込みなどで反響が広がっている。

「何故か最後、一人でモニター見つめて泣いてしまったw」
「3歳の愛娘がいる親としては、めちゃくちゃインサイトつかんでいて、やばい、です。。。」

   ソニーの広報センターでは、動画を企画した意図について、「子どもの成長をハイビジョンのきれいな動画で残すことの大切さや感動、よさを広く訴えたかった」と説明する。

   当初からネットでの口コミ効果を狙っていたとみられ、自由にブログに貼り付けられるよう、動画のコードを公開している。広報センターでは、数字は明らかにできないとしながらも、「動画サイトへのアクセスは、好調に推移しています」と話す。

25歳の春、足を止めて、寂しそうにこちらを振り向く…

   ハンディカムの動画では、随所に演出の工夫がみられる。

   まず、四つん這いだった女の子が、成長していく様子が、服装の変化で楽しめる。運動着や学生服、浴衣に、そして、成人式の正装、OLのスーツ姿にと、次々に「変身」する。手を叩いてみたり、風車を回したり、水たまりを飛んだり、と女の子の表情も豊かだ。

   そして、高校生になって彼氏ができ、成人して迎えた25歳の春。足を止めて、寂しそうにこちらを振り向く。婚約したのだ。26歳のジューンブライドに、純白のウェディングドレスを着て、ニッコリ笑うが…。

   こんな人生のドラマチックな再現に、前出の池田紀行さんも、ブログで「パパとしての自分が感じる嬉しさやせつなさとかが、これ以上ないくらいのリアリティで伝わってくる」と絶賛している。

   各成長段階でさらに展開されるドラマを疑似撮影できるのが、「REC」(録画)ボタンだ。動画再生中に画面上のこのボタンをクリックすると、別のシーンがミニ動画の形で表れてストックしていくことができるのだ。「積み木タワー完成」「こっそりオシャレ」といったもので、ここでは女の子の肉声が聞ける。

   「七夕に願いを」では、女の子が「かわいい子犬がほしい」と書かれた短冊を差し出すなど、親心をわしづかみにしようとする演出がここにもある。50シーンまでストックでき、竹内まりやさんの曲「毎日がスペシャル」を聴きながら、自由に再生を楽しめる。

   もっとも、この不況だけに、動画の効果は未知数だ。ビデオカメラ業界は、2008年中は業績が横ばい状態だという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中