12月の鉱工業生産 低下率、2年連続で過去最大

印刷

   2008年12月の鉱工業生産指数は、前月と比べて平均で9.2%低下する見込みだ。日本経済新聞が2009年1月29日に報じた。グループのQUICKが民間調査機関28社に聞いたところ、幅広い業種で減産となったとの見方で一致したという。低下率は2か月連続で過去最大となる。

   08年11月の実績は前月比8.5%の低下で、10-12月期は前期に比べて11.8%低下する見通し。経済産業省は1月30日に発表する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中