ロイターと朝日など3社、ネット広告で提携へ

印刷

   トムソン・ロイター・ジャパンと朝日新聞社、ソネット・メディア・ネットワークスは2009年2月12日、ネット広告において業務提携することを発表した。ビジネスパーソンや経営者、富裕層をターゲットとする広告商品「ビジネスプレミアムネットワーク」のサービスを4月から開始する。

   サービス運営の主体となるサイト「ロイター.co.jp」「asahi.com」や複数のサイトの広告枠をまとめて、商品化するというもの。月間1億PV規模、3000万人のユーザーにアプローチできる広告メディアを目指す。

   ほかに、AFP通信「AFPBB News」、朝日新聞社「CNN.co.jp」、時事通信社「jiji.com」、ダイヤモンド社「ダイヤモンドオンライン」、東洋経済新報社「東洋経済オンライン」、プレジデント社「プレジデントロイター」といったニュースサイトが参加予定となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中