「定額給付金寄付して」 父子家庭支援のNPO呼びかけ

印刷

   NPO法人ファザーリング・ジャパンは、父子家庭支援を目的とした「フレンチトースト基金」の設立を2009年2月13日に発表、個人や企業、団体から寄付金を募り、父子家庭および父子家庭を支援する団体に寄付する活動を始めている。同NPO法人では、09年3月4日に決まった定額給付金について、「支給された際には、この基金に一部でも寄付して欲しい」と呼びかけている。

   代表理事の安藤哲也さんは、基金設立のきっかけについて「経済的に、あるいは家事などに困っているお父さんが目立ってきた。父子家庭への行政支援は少ないので、セーフティーネットになれば」と話している。

   なお、父子家庭が受給を希望する場合、審査には「私の子育て」をテーマにした作文を課し、受給後も「どのように子育てが変わり子どもの笑顔が増えたか」などの感想文、「子どもの描く父親の似顔絵」を提出してもらう。受給資格は年収300万円以下の父子家庭で、子の年齢が小学校3年生まで。1年限りで月4万円。子どもの誕生日には、一人につき5万円を支給する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中