2月の受発電電力量、15.8%減 減少率は過去最大

印刷

   電気事業連合会がまとめた2009年2月の受発電電力量(速報)は、前年同期に比べて15.8%減の744億7000万キロワットで、7か月連続で前年実績を割り込んだ。また減少率は、現在の集計方法になった1972年以降で最大となった。景気悪化によって製造業などで減産が相次いでいることや、暖冬で暖房需要などが減ったことが原因。

   全国10社の電力会社のすべてで前年実績を下回っており、なかでも自動車関連工場の多い中部電力が22.7%減、中国電力が21%減と20%超の落ち込みをみせる。次いで北陸電力の18.6%減。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中