2歳男児の心臓移植、米大学が受け入れ拒否

印刷

   東京都内の男性が三鷹市の会社員片桐泰斗さん(31)の長男、鳳究(ほうく)ちゃん(2)の心臓移植を米コロンビア大に依頼したところ、拒否されていたことがわかった。2009年4月15日付読売新聞が報じた。

   日本では臓器移植法で15歳未満の臓器提供を認めていない。そのため年間移植件数の5%まで外国人を受け入れている米国に行くしかない。同紙によると片桐さんは同大側から「5%枠は埋まった」と伝えられた。これまでは1、2人の超過は黙認されていたが、世界保健機関をはじめ、渡航移植を自粛するよう呼びかけていることが影響したようだ。

   自民、公明両党の幹事長らは4月15日朝、都内で会談し、子供への臓器移植に道を開くため、臓器移植法改正を目指すことで一致した。患者家族から一日も早く改正を求める声が高まっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中