好きな男性は「俺についてこい」型 女性は意外に「上から目線」が好き?

印刷

   2008年夏ごろから、恋愛に消極的な「草食男子」、積極的な「肉食女子」が言われはじめ、女性ファッション誌では「草食男子」攻略方法が特集されたこともあった。ところが、実は女の子は「肉食男子」を求めている、という意外なアンケート結果も出てきた。その理由に迫ってみた。

言われてみたい告白のセリフとは

   インテリジェンスは2009年4月13日、同社が運営する求人情報サービス「an」で実施したユニークなアンケート結果を発表した。その質問とは、「これを言われたら絶対『YES』と答えてしまう、言われてみたい告白のセリフを教えてください」。女性が望む言葉は、次のようなものだった。

「おれが一生幸せにするゆーてるやろ! だからついてこいや!」
「お前、俺のことスキやんな? ほなずっと一緒におったらええうやん」
「ダンナと別れて俺と一緒になってくれ」

   同社の分析によると、「女性は『上から目線』」で言われるのが好きな傾向にあるのだという。また、ストレートに愛情を表現する言葉も多く寄せられた。アンケートは2009年3月9日~4月5日、インターネット上で自由に書き込む形で実施した。上記の質問に対してはおよそ1300人が書き込み、男女比は4:6。回答者の47%は10代~20代。

   なぜ、女性はこのような強気な男性を望むのだろうか。というのも、2008年夏ごろからは恋愛に積極的な女性のことは「肉食女子」と言われ、女性ファッション誌はこぞって「草食男子」の攻略法を特集していたほどだ。彼女たちの志向には変化があったのだろうか。

もっとも、肉食男子はあまり見かけない

「自分からはなかなか言えない、だから言って欲しい――こんな意識はずっとあったのではと思います。だから、『おれについてこい』といった強気な言葉には、強く惹かれるのでしょう」

   こう話すのは、ライブドアの人気ニュースサイト「独女通信」の編集担当者だ。実は、こんな調査結果もある。ライフネット生命が2009年3月31日に発表した「婚活に関する調査」。結婚したい相手は「肉食」か「草食」か、どちらが良いか質問した。調査は2009年3月19日~23日、20代~30代の未婚男女1000人を対象に実施した。「草食系」の定義は(1)恋愛に対して受け身になりがち(2)言いたいことがあっても内に秘める人とし、「肉食系」とはその反対のことを指す。

   それによると、自称「草食系」女性371人は、結婚対象は「草食系男性」という人は34.8%。「肉食系男性」という人は65.3%で、その差は実に30.5ポイント。一方で、自称「肉食系」女性129人にも同じ質問をしたところ、「草食系男性」を推す人は31.8%。「肉食系男性」を推す人は68.2%だった。

   結婚相手としては、「肉食男性」がふさわしいと考えている女性はなんと、7割近くという結果だった。同社は、「女性は『肉食系の男性』を求めており、求める相手が不足している現状」とみている。どうやら、女性の本音は、肉食男子ということになる。

   こうした状況に対して、前出の独女通信編集部の担当者は、ファッション誌が「草食男子」の攻略をこぞって取り上げたのは、結婚に関して女性が積極的にならざるをえなかったためでは、と指摘する。その上で、「肉食男子」が求められている現状をこう話す。

「女性の場合、自分の必要性や存在価値を口に出して言ってくれる、自信を持たせてくれる――そんな男性を求めているのだと思います。その点で、肉食男子は実にストレートですからね。ただ、肉食男子をあんまり見かけないのは事実。女性側からの期待値が大きいのかもしれませんね」
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中