トヨタ、ヤマサ醤油皮きりに 草なぎさんCMも次々再開

印刷

   公然わいせつ容疑で逮捕され起訴猶予処分になった「SMAP」の草なぎ剛さん(34)が、2009年5月28日に芸能界に復帰することになった。出演しているCMも、09年6月を目処に次々再開される。当初、復帰は09年7月頃が有力と言われていた。なぜこの時期に復帰が決まったのだろうか。

「代わりのタレントさんは考えられませんでした」

   ジャニーズ事務所は09年5月13日、マスコミ各社へのファクスで草なぎさんが28日から芸能活動を再開する、と伝えた。ファンからも復帰の要望が多数寄せられ、関係各社とも相談した結果、復帰を決めたのだと言う。草なぎさんも「自分自身を深く見つめ直し常識ある生き方をしていきたい」と反省しているそうだ。復帰後の初仕事は09年5月28日のフジテレビの番組「SMAP×SMAP」の収録。翌日は同局の「笑っていいとも!」に生出演することになる。

   出演しているテレビCMも、09年6月を目処に再開することになりそうだ。トヨタは、レンタカー「トヨタレンタリース」のイメージキャラクターに草なぎさんを起用しているが、

「復帰が決まったことで、テレビCMと店頭ポスター、雑誌等の広告について再開する方向で検討しています」

とトヨタ広報はいう。ヤマサ醤油広報も、

「6月以降の早い段階でCMをオンエアしたい」

と話している。実は、草なぎさんを起用した「昆布ぽん酢」の新CMは09年4月上旬に完成していた。5月から放送予定だったが、今回の事件で放映できなくなっていた。

「草なぎさんには、10年前の『昆布ポン酢』発売開始からずっとCMに出て頂き、商品を育ててもらったという思いがあります。代わりのタレントさんは考えられませんでした」

とCMの再開ができることに喜んでいる。

   ただ、「地デジ」普及のキャンペーンCMについてはちょっと事情が違う。デジタル放送推進協会(Dpa)は、

「各社さんが6月からCM解禁にするという話は聞いておりますが、地デジは関係する会社が非常に多く、会社間で意見に温度差があります。再開するかどうかはまだ決まっていません」

としている。

   また一部の報道で、事件を起こした草なぎさんに対し「CMのスポンサーは違約金は取らないことになった」とあったが、トヨタ、ヤマサ醤油、Dpa共に、違約金を請求するかどうかは現在検討中だと話している。

   さて、復帰時期はなぜ5月末という早い時期になったのだろうか。ジャニーズ事務所の影響力の強さもあるのかもしれないが、ジャニーズ事務所をよく知る業界関係者は、

「広告代理店やテレビ、映画関係者がスポンサー離れなどの損害を最小に食い止めるため、ジャニーズ事務所に早く復帰して欲しいと泣きついたのが真相だろう」

と推測する。

CMから下ろそうものなら、不買運動まで起こりかねない?

   確かに新聞報道を見れば、

「司会を務める『ぷっすま』のテレビ朝日は『できるだけ早く復帰して欲しい』と6月2日の放送回の出演を希望」(スポーツ報知09年5月14日)

   09年9月公開主演映画「BALLAD 名もなき恋のうた」配給元の東宝は、

「劇場CMを再開すると発表。同社宣伝部からは『ホッとしている』と本音も漏れた」(デイリースポーツ同日)

と、芸能活動再開をかなり喜んでいるようなのだ。

   業界関係者によれば、今秋には草なぎさん主演の映画やドラマが予定され、レギュラー番組も多く抱えている。これが止まったり、宣伝できなくなると、被害が大きいのは広告代理店やテレビ局、映画会社だ、というのだ。

   また、今回の事件では「逮捕はやりすぎではないか」などと警察にまで抗議が及んだ。この状況下で草なぎさんをCMから下ろそうものなら、不買運動まで起こりかねない、という心配もあったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中