主要100社、景気「足踏み」が59社に回復 朝日新聞社調べ

印刷

   朝日新聞社が2009年6月21日付の紙面で、全国の主要100社を対象に行った景気アンケート調査結果を発表した。

   それによると景気が「足踏み状態」にあるという回答が59社で、08年11月の調査の1社から急増した。98社が「景気後退」の判断を示した前回調査に比べて改善してはいるものの、40社が「緩やかに下降」もしくは「悪化」と答え「まだ景気が後退しているとの認識も根強い」としている。

   雇用に関しては「過剰感がある」という企業が46社で前回の27社から大幅に増加。人員削減は63社が「行っていない」と回答するも、人件費削減のため「主に非正規社員を減らした」という企業が25社あり、「立場が弱い非正規社員が不況の影響を真っ先に受けている」としている。新卒採用については、59社が10年4月入社の人数を09年春より「減少」させると回答した。

   また、次期衆院選に関して、政権交代の有無を明確にした企業44社のうち、「ある」としたのは31社で「ない」の13社に大差をつけた。選挙後の政権の枠組みを予想する質問については「その他・無回答」が50社だったが、「自民党中心の政権」が15社、「民主党中心の政権」が22社、「自民・民主の大連立」が7社だった。

   調査は09年5月29日~6月12日に製造業50社と非製造業50社を対象に実施。原則として経営トップに面談した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中