イタリアのぼったくり被害 観光相が費用負担明言

印刷

   日本人観光客がローマの有名レストランでぼったくりにあった事件について、イタリアのブランビラ観光相は2009年7月21日、このことを謝罪したうえで政府が費用を出すため名乗り出るよう呼びかけた。朝日新聞が23日報じたものだ。旅行客が減少しているため、歯止めをかける狙いがあるとみられている。

   それによると、日本人カップルは6月、ローマの有名レストラン「パセット」でランチ代として9万3000円を支払わされたという。これに対し、観光相は、「親愛なる日本と世界の観光客の友人へ」と題した手紙を公表し、政府がレストランなどの価格をチェックする監視委員会を作るなども約束した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中