新型インフルエンザ流行入り 厚労省発表

印刷

   厚生労働省は2009年8月21日に会見を行い、「インフルエンザの流行シーズンに入った。流行しているのは新型インフルエンザだ」と発表した。インフルエンザ患者の報告数が10日から16日までの1週間で、医療機関1施設あたり1.69人となり、流行開始の目安である1人を上回った。前週は0.99だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中