宇宙で「子作り」はNG? 受精卵の発育には「重力」必要

印刷

   宇宙ステーションや月、火星の基地で将来、人類が暮らすことが想定されていて、さまざまな研究が進んでいる。この「ミニ地球」で人類が発展していくには、子孫を残すことが欠かせないが、ほ乳類の生殖研究は実験が難しく、あまり行われていない。理化学研究所と広島大学のチームは共同で、スペースシャトル内と同じ重力環境でのマウスの受精から初期段階の経過を研究した。

胚盤胞まで育ったのは、地上のおよそ半分の30%

   宇宙空間における生殖研究は、これまで魚類や両生類で行われていて、無重力でも正常に子孫を残せることがわかっている。

   一方、ほ乳類の場合はほとんど研究が行われていない。環境の変化に弱く、宇宙に連れて行っても交尾をしない可能性が高いからだ。かつてラットを使って宇宙での繁殖を試みたが、うまくいかなかった。また、生殖細胞を打ち上げるという方法もあるが、ほ乳類の生殖細胞はとても小さく、培養可能期間が4日間と短いなどの理由から、宇宙空間に運ぶことが難しいとされている。

   理化学研究所の若山照彦氏と広島大学の弓削類教授のチームは、スペースシャトル内と同じ重力環境で、マウスの体外受精と初期胚(胎児の原型)の培養を行った。

   体外受精を試みてから6時間後に装置から卵子を回収し、微小重力の影響を調べた。すると84%の卵子が正常な受精をしていて、地上と同じ重力環境の81%と比べても大差はなかった。

   ところが、受精卵を培養する過程で違いが生じた。受精卵は卵割(細胞分裂)して成長する。培養から24時間後、細胞が2つにわかれる確率は同程度だったが、96時間後に胚盤胞(はいばんほう)まで育ったのは30%で、地上のおよそ半分の確率だった。

   また、メスのマウスの子宮に胚を移植したところ、24時間で回収した胚は出産率が35%(地上63%)、96時間で回収した胚は16%(38%)だった。

   受精卵が成長する過程に重力が影響していることが分かったわけで、「微少重力の宇宙空間でほ乳類が正常に繁殖するのは困難だ」と結論づけている。

宇宙環境での生殖に関しては注目が集まっている

   受精卵がある程度育ったマウスを宇宙に連れて行き、胎児の成長に問題ないことはこれまでの研究で明らかになっていたが、受精の初期段階での研究は初めてだ。

   宇宙生理学の研究を行っている藤田保健衛生大学の山崎将生教授は、

「宇宙環境で植物の研究は進んでいるが、動物に関してはこれからです。なかでも生殖に関しては注目が集まっている分野です。今回の研究はとても意義のあるものだと思います」

   といっている。

   また、こうも指摘する。

「今回の研究は微少重力下で行われていますが、あくまで模擬であって、実際の宇宙環境とは異なります。宇宙ステーションで近い将来、同様の研究が行なわれる。ではないでしょうか。また、培養ではうまくいきませんでしたが、母体内では異なる結果が出るかもしれません」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中