加藤清史郎くんに「まいった」 「天地人」の上手すぎる演技

印刷

   今最も勢いのある子役、加藤清史郎くん。NHK大河ドラマの演技の評判を機に注目を集め、出演するシリーズCMも話題に。ほかにも、歌手デビューも果たし、書き下ろし「作文」が掲載された書籍も発売されたばかりとあって引っ張りだこだ。その人気の秘密に迫ってみた。

   加藤清史郎くんは2001年生まれの8歳。デビューしたのは生後1歳1か月のことだった。TBS「皇室特番」の再現VTRで、皇太子様の乳児期役として出演した。3歳からは本格的に演技を学んでいるという。そして、2009年1月4日。清史郎くんは、NHK大河ドラマ「天地人」の主人公、直江兼続の幼少期・与六役として出演した。この1話と2話に出演した際の演技が、オトナたちの度肝をぬいた。

大河ドラマの主役・直江兼続の幼少期役でブレイク

トヨタCM「こども店長」シリーズも評判を呼んでいる
トヨタCM「こども店長」シリーズも評判を呼んでいる

   とりわけ印象的だったのは、阿部寛演じる上杉謙信と対峙する場面で、与六役の清史郎くんは、その顔を怒らせながら目に力を込めて、「わしは、こんなとこ、来とうはなかった」と言い放つシーンだ。また、母との別れの場面では「今日から、そなたは母の子ではありません」と言い聞かせられると、清史郎くんは「嫌じゃ」「与六は母の子じゃ。どこにもいかぬ」「嫌じゃー」と心底、泣きじゃくるのだった――。

   こうした演技に対して、演技力の高さがすぐさま評判を呼び、ネット上には「天才的な演技でしたね」「与六に釘付けでした。涙を流した顔を見る度私も涙しました」「7歳で(当時)あの演技は、すごいですよね」などと書き込まれていた。迫真の演技がオトナの胸をうったようだ。

   ちなみに、後日あったインタビュー番組で、清史郎くんは演技の秘訣を聞かれ、この場面をして、「大変です。泣くのは。僕が与六だとしたら、(母親とは)離れたくないと思う」と明かし、演じるときは役に入り込んでいる旨を話していた。それでも、気持ちを入れられずに泣けなかった場合には、「嫌なことを思い出します。たとえば、ママにしかられたとか」とおどけてみせた。

   一方、NHKによると、番組終了後には「演技が上手い」「泣かせる」「あの子は誰か」といった問い合わせが多々寄せられたといい、そうした評判を受けて、23話(6月7日)の回想シーンで再度の出演を果たしたという。そして、39話(9月27日)からは、直江兼続の長男役として、「異例」の再登場を果たしている。

「絶対大物になると思います」

   そんな清史郎くんは2009年4月から放映されている、トヨタ自動車のCM「こども店長」シリーズも話題だ。赤いブレザーを着込んだ販売店の「こども店長」が、エコカー減税をわかりやすく、コミカルに解説していく内容だ。CMのオチには、お母さん(飯島直子)やお姉さん(大後寿々花)にしかられてしまうのも笑える。だが、しおらしい演技はここでも、光っている。

   トヨタ自動車広報によれば、CM起用について、役柄が合致していたこともさることながら、抜群の演技力が評価されたからだという。担当者は「現場での清史郎くんは、視線や表情について積極的に監督と相談したり、納得のいかない演技ではやり直しを申し出たりしたほどでした」。清史郎くんの俳優としての高いプロ意識は、関係者を脱帽させたらしい。

   くわえて、清史郎くんの活躍は俳優以外にも広がっている。9月2日には、8月・9月の「NHKみんなの歌」で披露された楽曲『かつおぶしだよ人生は』のCDが売り出された。10月16日には、初の書籍『こども役者 加藤清史郎のきもち』も発売された。書籍では、清史郎くん書き下ろしの「作文」が掲載されており、演技のこと、家族のことなどが自分の言葉で書きつづられている。

   こうした清史郎くんの功績が認められ、10月7日には、輝かしい活躍をした人を表彰する「ゴールドドリームアワード」のうち、清史郎くんは「金の卵部門」を受賞したばかり。熱烈なファンも増殖中のようで、SNS「mixi」にはすでに、関連コミュニティ3本があり、そのうちの1つには3000人近くが参加していた。書き込みには「絶対大物になると思います」「将来どんな大物になるのか楽しみですが、このまま大きくならないでほしいな~とも思ってしまいます」などとあり、まだ8歳ではあるけれど、さらなる期待が寄せられてもいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中