公共料金請求書ばかりだった 「AKB48」メンバー郵便物窃盗

印刷

   人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーの郵便物を盗んだとして、東京都新宿区の無職の男(25)が起訴された。手口は郵便局にメンバーと「同居することになった」などと虚偽の転居届を提出し、自宅に郵便物が届くようにした。転居に伴う郵便物の転送は、はがきに必要事項を記入したポストに入れるだけで、本人確認無く済むことが多く、その「盲点」が犯罪に使われた。

   事件は09年5月、メンバーの1人が「郵便物が届かない」と埼玉県警に相談したことから発覚。取り調べたところ、容疑者は08年9月に新宿区内の郵便局にメンバーの転居届を提出していたことがわかった。転送願いは、ポストに投函されたらしい。確認されているだけでメンバー11人に関わる郵便物が押収されていると言う。県警はメンバーの一人から郵便物を盗んだとして8月31日に男を逮捕。9月17日には、別のメンバーの郵便物窃盗容疑で再逮捕していた。

単純に手元に置きたかったという犯行

   警察関係者によると、男は熱烈な「AKB48」ファンで、「メンバーのものならば何でもいいから手に入れたかった」と供述している。押収したのは200点の郵便物だが、そのほとんどが電気、ガス、水道、電話などの公共料金の請求書だった。転売目的で窃盗を働いた様子ではなく、

「単純に手元に置きたかったという犯行。ただし、仮に転売をしようとしても、買う人が現れないだろう、というものばかり」

と警察関係者は説明している。また、メンバーの住所をどこで知ったのかについては現在調査中としている。

   引っ越しによる郵便の転送願いは、ポストに投函すれば住民票や身分証明書は必要なく、意外と簡単に受理される。日本郵政によると、ポストに投函されたものについては、疑わしいもの以外は特に本人確認はしない。配達人が、引っ越したのかどうか、現場で外見から判断するという。

「郵便局は本人確認をしっかり行え」と警察関係者

   ただ、局で転送を受け付ける場合は、身分証明書の提示など本人確認を行う。また、インターネットで申し込む場合はクレジットカードが必要で、カード番号とセキュリティーコードを入力しなければならない。

   ちなみに住民票の発行は、自動交付機で発行している地域も多いが、さいたま市の場合、なりすましを防止するため「さいたま市民カード」が必要で、これと暗証番号がなければ受け取れない仕組みになっている。

   警察関係者によれば、今回の「AKB48」メンバーの事件は、郵便局側が転居届けを出した人物の身元確認をしっかり行っていれば起こらなかったものであり、

「民間会社になったわけですから、お役所仕事ではなく、サービス強化や個人情報保護の一環として、きっちりと本人確認を行うよう、ご検討頂きたい」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中