河村・名古屋市長、議会の減税修正案に「再議」

印刷

   名古屋市議会は2009年12月10日、河村たかし市長が公約していた「市民税10%減税」を盛り込んだ条例案を一部修正の上、賛成多数で可決した。市が提案していた条例案では、一律10%減税する内容だったが、議会側は、低所得者の減税率が大きくなるように修正。河村市長は「(徴収額が)調整コストより安くなり、税金たり得ない」と反発し、審議をやり直す「再議」を求める考えを明らかにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中