「美しい人だけのSNS」から追放 日本人一人もいなかった秘密

印刷

   「美しい人たちだけが集うSNS」をうたうBeautifulPeople.com(BP)から、クリスマスや年末年始の休暇が終わると5000人の会員が消えた。太りすぎで美しさを失った会員が、登録を抹消されたのだ。米国人会員1500人以上が退会させられた一方、日本人は該当者が一人も出なかった。

   BPは2002年にデンマークで開設され、今では世界16カ国でサービスを展開している。既存会員による審査で選ばれた「美しい人」のみが、入会を許される。現在、55万人を超える会員がサイト内やオフ会で交流を楽しんでいる。

退会ダントツ1位は米国人

   ところが、年末の休暇シーズンに、5000人の会員が「肥満」を理由に退会させられた。会員がパーティーを楽しむ様子を写した写真が多数アップされ、続々と「太りすぎ」が見つかったためだ。

   5000人のうち、ワースト1は米国の1520人。2位の英国のおよそ倍とダントツの人数だ。米国では11月の第4木曜日に「感謝祭」の祝日があり、その前後を含めて数日間の休日をとる。「収穫を祝い、神に感謝する」というのが感謝祭の起源で、家族と共にごちそうを食べる習慣がある。料理は七面鳥の丸焼きが有名だが、ほかにもグレービーソース(肉汁ソース)をたっぷりかけたマッシュポテト、パンプキンパイといった、カロリー高めの料理が食卓に並ぶ。たらふく食べた後、ソファーに寝そべってアメフトの試合をテレビで見たり、ビールを飲んだりしながらゆったり過ごすのが定番だ。

   感謝祭が終わると、ひと月もすれば今度はクリスマス休暇がやってくる。感謝祭と同様、家族そろって肉料理やケーキに舌鼓を打ち、友人たちと連日パーティーに繰り出す若者も多い。BP最高経営責任者のグレッグ・ホッジ氏は、「米国では、感謝祭以降大いに羽目を外すので、(そのために)多くの会員が退会となってしまったのは間違いない」と話す。長期の休暇が連続する中、運動もせず高カロリーの食事を取り続けた結果、「激太り」した米国人会員が続出したのだろう。

「日本人会員は皆さん美しさを保っていました」

   では日本人会員はどうだったのか。BPの広報を代行する英国ゴールデングースPR社(以下、GGPR)に聞くと、「日本人会員は現在2万5000人ほどだが、今回強制的に退会させられた人は一人もいません」と回答した。BPでは日本人を、「最も健康的で、ひきしまった体型を維持している」と評価している。「年末年始、日本では大いにお酒を飲む文化があるようですが、日本人会員は皆さん美しさを保っていました」と、GGPRの広報担当フェリシティ・ハーデインガム氏。なぜ日本人は太りすぎなかったか、その理由は明らかにしなかったが、「欧米の会員は、日本人の優れたダイエットや運動方法を見習わなければいけませんね」と話す。

   「BPは永久会員を保障するものではありません。美しさをなくせば、同時に会員資格も失うのは仕方のないことです」。今回の大量退会を知った日本人会員の中には、慌てて「正月太り」になった体を戻そうと、ホコリをかぶった「ビリーズ・ブートキャンプ」のDVDを引っ張り出した人がいるかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中