鈴木史朗アナ71歳の「神業」 「バイオハザード」攻略テク

印刷

   大人気ゲームシリーズ「バイオハザード」の新作を、アナウンサーの鈴木史朗さん(71)が攻略する動画が動画投稿サイトにアップされ、「ニコニコ動画」の場合30万アクセスを超える大反響となっている。鈴木さんは「バイオハザード」のファンであることを公言し、2年前にもテレビで「神」とも称えられるその腕前を披露していた。

   鈴木さんがプレイしているのはサバイバルホラーアクションゲーム「バイオハザード4」と、新作の「バイオハザードダークサイド・クロニクルズ」。いずれも任天堂の家庭用ゲーム機「wii」用ソフトだ。任天堂とゲームメーカーのカプコンがプロモーション用に制作し、Wiiをネット接続すると視聴できる「みんなのニンテンドーチャンネル」に掲載したもの。これがネットで大反響を呼び、動画サイトやおびただしい数のブログに転載されている。

「神のレベルだ!」「こんな爺さんになりたい!」

   「バイオハザード」の達人として広く知られるようになったのは08年1月に出演したテレビ番組がきっかけ。鈴木さんのゲームの腕前が凄いという噂がネットに流れたため、それを検証する番組だった。襲ってくるゾンビのタイプに合わせ、ピストル、手榴弾、ライフルと手際よく武器を選択し撃破。一般の人が取れる得点は2000点~3000点程度なのに、9万3150点も獲得した。ネットでは「神のレベルだ!」「こんな爺さんになりたい!」と尊敬のカキコミであふれた。「ユーチューブ」での閲覧数は現在126万を超えている。

   任天堂とカプコンが制作した今回の動画は「鈴木史郎が『バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ』をやってみる」というタイトル。まず、「バイオ4」で「神業」を披露。そして初めてプレイする「クロニクルズ」に挑んだ。ゲームの舞台は南米。「南米らしい明るい太陽です」などと実況中継しながらゲームを進めた。ピストルを駆使し敵を倒していくがボス戦では一度敗退。「やっぱり悔しい。やっつけたい!」と再チャレンジ。ボスを追い払うことに成功すると「やったのか?これ!?大変なヤツだな!」と勝利宣言。ゲーム成績は初めてやったにしては高得点のB。しかしBランクでは納得できず、ゲームを持って帰り攻略法を極めたいと決意を述べていた。

「バイオ」の攻略ライバルは加山雄三だった

   任天堂広報部は、

「鈴木さんをプロモーションに起用したのは、ゲームの腕前がかなりのものだと聞き、華麗なプレイをみなさんにもご覧頂きたいと思ったから」

と説明している。

   実は、鈴木さんと同年齢の「バイオの達人」に加山雄三さん(72)がいる。この2人はゲームを通じた親友で、「バイオ」の攻略を競うライバルでもある。「バイオ4」が出た時に芸能界で最初に攻略したのもこの2人だそうで、鈴木さんは当時のインタビューで、若い人達よりも自分達が先に攻略できるのは

「敵が襲ってくる時の苦痛に耐える根性がたたき込まれているからですね」

などと語っていた。ネットでは加山さんが「バイオ」や「鬼武者」シリーズの達人であることは有名で、「今度は加山雄三のプレイが見てみたい」「鈴木と加山のゲーム対戦を見てみたい」などという書き込みも掲示板に出ている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中