「ワンコインタクシー」5社 走行距離制限撤廃求め提訴

印刷

   初乗り2キロを500円で乗ることができる「ワンコインタクシー」を運営する大阪府のタクシー事業者5社は2010年2月3日、1日に走行できる距離を250キロに制限されたのは不当だとして、近畿運輸局などに処分取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こした。ワンコインタクシーは長距離を走ることで利益を上げており、原告側は「営業の自由が著しく制限される」などと訴えている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中