安売り飲料自販機全国に拡大中 80円、50円、10円、そして無料

印刷

   100円以下で飲料を販売する自動販売機が全国で増えている。不景気でディスカウントストアやドラッグストアで売られている激安飲料に客を取られ、定価で売れなくなったことが背景にあるようだ。賞味期限間近のものを10円や50円など激安で売る自販機も登場している。

   全国に4万3000台の飲料自販機を設置している自販機メーカーのフジタカ。営業担当者は「ほとんどがワンコイン(100円)の自販機です」といっている。賞味期限が迫っているものや商品の入れ替え時期に50円で売る自販機もあるそうだ。

大阪では激安自販機が主流?

都内の100円自販機
都内の100円自販機

   飲料メーカーが設置している自販機は定価販売が普通。一方、安く売っているのはオーナーが所有する自販機か、安い自販機を管理している業者が設置したものだ。激安自販機はもともと大阪に多く見られ、フジタカの営業担当者は「定価販売の自販機よりも安い方を目にする機会が多い」といっている。最近は他の地域にも広がっているようだ。

   JR甲府駅南口にある金券ショップ「アクセスチケット甲府店」では、「24時間格安喫茶 コーヒー各種ドリンク50円から」という看板を掲げている。2台の自販機が置かれ、売られているのは50円、80円、100円の飲料だ。椅子も置いているので、ちょっとした喫茶スペースとしても活用されている。同店によると甲府では100円以下の自販機は珍しく、郊外からわざわざ買いに来る人もいるほど。ちなみに系列の金券ショップでは東京、松本、横浜などでも100円以下の自販機を設置しているそうだ。

   ディスカウントスーパーやドラッグストアでは飲料が安く売られている。不景気で節約志向が高まり、少し遠くても安い店で飲料を買う人は少なくない。

   日本自動販売機工業会によると、飲料自販機の普及台数は減少傾向にあり、08年末の時点で清涼飲料は223万台と、前年に比べて1.3%減っている。

   販売金額の落ち込みはさらに激しく、08年は前年比11.2%減の2兆1497億2000万円だった。担当者によると、タスポ(成人識別ICカード)が導入されてタバコの自販機が減り、併設されていた飲料の自販機も影響を受けている。さらに景気が低迷し、飲料メーカーの設置意欲にも陰りが出てきている。激安自販機が増えているのはこんな背景があるようだ。

10円にしたらすぐに売れるように

   最近は10円の飲料を売る自販機が大阪に登場した。ラインアップは今のところコーヒーとレモンゼリー飲料だけだが、あまりの安さから注目を集めている。食品卸売会社、大阪地卵(大阪市)が同社の前に設置している自販機で、賞味期限間近の飲料を処分する目的で始めた。他にも50円の飲料があり、こちらは25年前から続けているそうだ。

「10円で売る前に20円や30円でも売ってみたが、あまり売れなかった。10円にしたらすぐに売れるようになり、ついでに50円、80円、100円の飲料も売れるようになりました。あまりに注目を集めているので、3月末までの予定でしたが、この分だと10円販売を続けなければなりませんね」

と釜坂晃司社長はいっている。

   無料の販売機もJR池袋駅に登場した。新商品の「UCC THE CLEAR 無糖Milk 缶190g」が毎日午前と午後に1時間ずつ、無料になる。時間帯は決まっていないので、ちょっとした「運試し」にもなりそうだ。3月28日までの期間限定となっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中