スーパーモデル冨永愛 「ワンステージのギャラ」100万円

印刷

   世界で活躍するスーパーモデル冨永愛さん(27)の「ワンステージのギャラ」が100万円であることが分かった。もっとも、お金の代わりにショーで着た服を「現物支給」されることもあるのだという。

   富永さんが出演したのは日本テレビ系バラエティ「メレンゲの気持ち」(2010年3月13日放送)。司会の久本雅美さんがスーパーモデルの収入が知りたい、と聞くと、

「そうですね(自分は)100万円ですね」

と答えた。

世界のトップモデルの年収は25億円

   100万円といっても、海外の場合、モデルが着るのは1着だけ、という場合が多い。いわば舞台1往復で100万円、その高額ぶりにスタジオはどよめいた。

   ただし、必ずしも100万円と決まっているわけではなく、ブランドやスポンサーの経済力によって額は様々。ギャラは支払われず、ショーで着た服の「現物支給」という場合もあるそうだ。

   富永さんが所属する「ボン イマージュ」によれば、パリコレやニュヨークコレなどで有名デザイナーのショーに出ることは、ギャラをもらう以上に重要な意味がある。

   ショーの後に行われるブランドキャンペーンへの参加が決まると、ギャラは一気に跳ね上がる。また、ショーでは世界的なカメラマンとの出会いがあり、カメラマンに認められることで知名度と露出が増えていく。

   ところで、世界のトップモデルの収入はどれくらいなのか。アメリカの経済誌「フォーブス」が発表した08年6月から09年6月までの女性モデル収入ランキングを見ると、1位のジゼルが2500万ドル、2位のハイディー・クラムが1600万ドル、3位のケイト・モスが850万ドルとなっている。アメリカの一流プロスポーツ選手並みの収入だ。モデルは有名になれば、収入源はブランドキャンペーンへの参加の他、一般芸能人と同じように写真集やDVDを出したり、映画・テレビ出演、また事業を立ち上げるなど、活躍の場は広がっていく。

コレクションの仕事は「Givenchy」ショーで最後?

   富永さんは山口小夜子さんに続く世界的モデルで、日本では50年に一人の逸材とも言われている。富永さんは2010年3月9日付けのブログで、3月8日に出演した「Givenchy」のショーを最後に、10年間続けてきたコレクションの仕事に一区切り付けたい、と書いている。モデルの仕事は続けるが、

「次のステップに進みたい。と、最近強く思うようになりました。もちろん、息子との生活を重視したい。ここできちんと終着点を決めたほうが、次のステップに進める」

というのだ。「ボン イマージュ」によれば、シングルマザーの富永さんが子育てに時間を割こうとしていて、これからは日本にいる時間が多くなるそうだ。テレビ出演する機会も増え、これからの活躍ぶりが注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中