NON STYLE賞金1億円に戸惑う 「ファンと分かち合えたら」

印刷

   お笑いコンビ・NON STYLEが2010年3月19日開催されたお笑いコンテスト「S-1グランプリ」で優勝し、お笑い史上最高の優勝賞金1億円を手にした。NON STYLEはこれまでにもお笑いコンテストで高額賞金を手にしたことがあるが、今回は流石に戸惑っているようで、ブログに悩む様子を綴っている。

   「S-1バトル」はソフトバンク主催のお笑いコンテストで、コントやネタなどを3分以内にまとめた映像でエントリーするのが特徴。09年3月からスタートした。ソフトバンク携帯電話ユーザーの投票で月間チャンピオンを選出し、決勝で年間チャンピオンを決定する。お笑い史上最高1億円という優勝賞金で話題になっていた。

「ぶっちゃけ、現実味のない金額」

   6月の月間チャンピオンだったNON STYLEは10年3月19日に開催されたグランドチャンピオン大会に出場。陣内智則さんらとともに最終3組に残り、約27万8000票を獲得して優勝した。

   ツッコミ担当の井上裕介さんは、同日夜の更新で、「本当に、ありがとうございます!」と感謝。08年の「M-1グランプリ」優勝の時と同様、自分たちが優勝すると思っていなかったので、「まだ夢を見ているような感覚」だという。NON STYLEは、「M-1」と「S-1」の月間チャンピオンとして既に1000万円の賞金を手にしているが、今回の1億円という額は「ぶっちゃけ、現実味のない金額」。優勝直後の会見では「無料ライブをやりたい」と話していたが、

「自分のためにどう使えばいいかもわからないし、何より自分のためには使いたくないので、ファンのみんなと分かち合えたらなぁっと思います」

と書いている。

   ボケ担当のいしだあきらさんも、20日にブログを更新。今回の優勝はNON STYLEだけではなく、「制作スタッフさんや、作家さんといったチームでとれたのがなによりも嬉しいです」。賞金の使い道も、スタッフらと一緒に考えたいとした。

「私利私欲ではなく、周りの人達のために使って…」

   その後、井上さんは20日午後にも再び更新。賞金額が莫大なこともあり、「快く思ってない人も多くいるだろうし、自分たちも莫大な賞金に相応しい人間だと思っていない。ただ目の前にいる人たちに笑ってもらえるよう、一生懸命努力しただけだ」といい、さらに

「これから先、まだまだ長い芸人人生。辛いことがたくさんあるとは思うけど、地道に一歩ずつ頑張っていきたいと思います! そしていつの日か、自分がもっと成長して、賞金に相応しいような男になれるよう1日1日を大切に生きて行きたいと思います」

としている。

   賞金の使い道についても引き続き、「私利私欲のためにではなく、周りの人達のために使って、みんなが笑顔になれたらなぁっと思います!」と書いている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中