テレビ完全復帰北野誠 お得意の「毒舌」消えた

印刷

   問題発言があったとして無期限謹慎処分を受けていたタレント・北野誠さん(51)が、以前レギュラーだったTBS系情報番組「噂の!東京マガジン」に復帰することがわかった。

   2010年2月15日に謹慎が解かれ、単発でテレビやラジオに出演していたが、在京テレビキー局の復帰で、芸能活動を本格的に再開することになる。ただ、今回の謹慎で北野さん独特の「毒舌」が影を潜めるのではないか、などと心配する声も上がっている。

「芸能界には戻れない」と足裏療法士の免許取得

   北野さんが問題発言をしたとされるのは、自身のラジオ番組「サイキック青年団」や、同ラジオ番組が開催したイベント。所属事務所の松竹芸能は09年4月13日に無期限謹慎処分を発表した。同28日には所属事務所社長と謝罪会見を行い、涙を流しながら「関係者に迷惑をかけた」と頭を下げた。北野さんはテレビ、ラジオに多数のレギュラーを持つ売れっ子だった。ネットでは問題発言について、ある芸能事務所を批判したからではないか、ある宗教団体を長年に渡り中傷してきたからだろう、などという憶測が流れていた。

   松竹芸能は09年2月15日、約10ヶ月ぶりに北野さんの謹慎処分を解くと自社のホームページで発表した。執行役員会を開いて決めたものであり、北野さんに十分な反省が見られ、同じような問題が起きないように社員教育の徹底と組織体制の再構築が終わった、という理由が書かれていた。

   北野さんは2010年3月24日放送の文化放送のラジオ番組「大竹まこと ゴールデンラジオ!『大竹メインデッシュ』」に出演した。

   仕事をしていなかったため、こぼれ落ちるように貯金が無くなっていき、

「半年ぐらいは心の中で覚悟ができていましたが、半年過ぎると、もう(芸能界には)戻ってこれないかもしれないな。真面目に何か仕事を考えなくっちゃいけないな」

と考えるようになっていた。そして、毎月一つ資格を取ることを目標にし、野菜ソムリエや、バイクの運転免許、足裏健康療法士などを取ったことを明かした。

   また、家族でブラジルに移住する計画がある、と、ネットで騒がれていたとに驚いたとし、移住については完全否定。自転車に乗ってコンビニに行く途中、写真週刊誌「フラッシュ」の記者に追われ、「選挙出るんですね-?」と質問されたエピソードも披露した。選挙には出ないと否定すると、記者から、「嘘でしょ~、二階さんの筋から聞きました」と言われ、「その、二階さんって、だれ?」と聞き返したなどと話し、笑いを誘っていた。

   司会の大竹さんから、

「こうしたしゃべり聞いてると、衰えてないな~」

と褒められ、まんざらでもない様子だった。

   ただ、以前の毒舌ぶりはすっかり影を潜めていた。

「毒がない誠ってどこがおもしろいの?」

   北野さんは、10年4月11日から始まるCBCラジオの新番組「日曜だもの」のパーソナリティーに決定。そして、在京キー局で初めて、TBS系情報番組「噂の!東京マガジン」にレギュラー復帰する。TBS宣伝部によれば、視聴者から「北野さんがいなくなって寂しい」という声が多数寄せられた。出演者とスタッフが一つのファミリーになって作り上げている番組で、出演者やスタッフも同じ気持ちだった、と打ち明ける。

   ネットでは「完全復帰」歓迎ムードが広がっている。掲示板などには、

「やっぱ実力あるやつは復帰できるんだな」「北野いないとつまらなかった」「サイキックも復活してくれ」

などという応援の書き込みが多数出ている。ただし、今回の謹慎で売りの「毒舌」が出なくなってしまうのではないか、という心配も多く、

「毒がない誠ってどこがおもしろいの?」
「舌抜かれた北野のラジオはつまらないだろうな」
「テレビ復帰は2回程観た 何も言えなくなった感じ」

などという書き込みも出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中