日航 貨物専用機事業から撤退

印刷

    経営再建中の日本航空(JAL)は2010年3月25日、10月末をめどに貨物専用機事業から撤退する、と発表した。貨物部門は、旅客機内の貨物室利用に特化した形で事業を継続する。同部門では、旅客機を利用する事業は黒字だが、貨物専用機の事業は赤字が続いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中