橋下知事 抽出方式の全国学力テストを痛烈批判

印刷

   全校参加から抽出方式に変わった全国学力テストについて、大阪府の橋下徹知事は、「民主党が完全に民意を見誤った典型例」などと痛烈に批判した。府庁で2010年4月20日、記者団に対し答えた。

   橋下知事は、「民主党は30%抽出と言っているのに、自主的に大阪では95%が参加した。教職員組合の声だけを聞いて判断してミスった大失政」とも述べた。大阪府では、小中学校を合わせた抽出率は2割弱に留まったが、自主参加も含めた参加率は9割を超えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中